FC2ブログ

なぜあの人の「主張」だけ通るのか?

お久しぶりです。

ゆぴです
いやっと卒論が終わりました(*^_^*)
これからは、就職活動が本格的に始まるまでは、ちょくちょくブログ更新していこうと思っていますのでよろしくです。


来年度は院生です!!
これからも研究頑張っていくぞ!!


今日はこんな本を読みました。


なぜ、あの人の「主張」だけ通るのか? (フォレスト2545新書)なぜ、あの人の「主張」だけ通るのか? (フォレスト2545新書)
(2011/12/03)
太田龍樹

商品詳細を見る



あの人の主張だけ通って自分は通らないな~って思うことありますよね。

この本では自分の存在感を高め、自分の主張を通すためには以下の3つのことに意識を向けるといいと書かれてあります

①ロゴス
②パトス
③エートス


ロゴスっていうのは論理を通すということです。
論理的でない人の意見って、アイディアが良くても、受け付けれませんよね。

主張する際には、論理的であるべし。



パトスというのは、情熱や感情のことです。

感情がなくて、声が小さい人の意見には従えませんよね。逆に、自信満々で情熱的に話される人には意見を通したくなります。




エートスというのは人間的魅力。


この3つを軸にディベートの達人である筆者が、ディベート的思考方法で自分の主張をうまく相手に伝え、通すためにどうすればよいかということが書いてあります。


自分がおもしろいと思ったのは、大勢に主張する場合と少人数に主張する場合には、
効果的な主張の仕方が違うという点。

少人数の中で主張を通したい場合、そこで会話するグループの中のボスをうまく封じ込むことができれば
会話の主導権を握り主張を通すことができます。権限のない人に主張したって自分の主張を通すことはできません。


大人数に何かを説得したい場合には、自分の主張を目を光らせて聞いてくれている人に向かって話します。政治家の演説もそうですが、自分の主張を受け入れてくれる人をより確保するためには、しっかり話を聞いてくれている人に向かって話をします。


う~ん、ディベートも奥深いなと思える一冊でした


ではまた
スポンサーサイト



コーチングを学べ


こんにちは。ゆぴです。最近寒くなってきましたね~
最近は本ばっかし読んで自己逃避中でございます笑”

そんな中、読んだのはこんな本。

コーチングを学べ! (マジビジ (7))コーチングを学べ! (マジビジ (7))
(2006/08/15)
伊藤 守

商品詳細を見る


まず、コーチングとは何ぞやとお思いの方、


コーチングとは、
「双方向の会話を重ねることを通して、目標達成に必要なスキルや知識を相手に備えさせ、目標に向けての行動を促していくプロセスだ」だそうな

まあ、コーチングの本はいくつか読んだけれど、この本はわかりやすく見やすい。
あと、キャラクターに愛着が持てます

自分の日々の行動を見つめなおすっということなら、オススメの一冊でした。

「あなたの天職がわかる16の性格

おひさしぶりです!!ゆぴです。

いやあ、最近研究ばっかでちょっと疲れてきたので息抜きに本を読むことを再開しました!!

来年は大学院に進学するのですが、就職先も全然決めていないので今日はこんな本を読んでみました。


あなたの天職がわかる16の性格あなたの天職がわかる16の性格
(2008/07/01)
ポール D.ティーガー、バーバラ・バロン 他

商品詳細を見る




目次
第一部 理想の職業を導いてくれる「性格タイプ」とは
第二部 あなたの長所、短所、適職、成功のポイントがわかる「16の性格」
第三部 あなたの天職を知るための「ワークシート」

概要
毎日、全世界で10億人近い人々が、インターネットで仕事に関する情報を検索している。
インターネットの出現で就職情報を得るプロセスは決定的に変わってしまったといえるだろう。
だが、天職を見極めようとすることにおいて、インターネットはほとんど役に立たないのである。
そこでこの本は自分の天職を見つけるためのお手伝いをしてくれる。




正直、よくある本だと思って読んだけれど、ここまで細かく自分の性格を分析できる本は今までに読んだことがないと感じました!!

ちなみに、わたくしは「チームプレイヤー」という性格でござんした
この性格の人は
第一に人間好きである。←あたっている。
第二に自分に厳しく、相手にやさしく。←自分にもやさしいことが多い
第三に相手に干渉しすぎてしまう。←これは微妙だなあ。

大まかにはこんな感じでした。
う~ん、まあこんなもんかって感じでした。

そして肝心の天職は、「テクノロジーコンサルタント」、「プロジェクトマネージャー」

かっこいい

人と接しながら科学系の仕事がしたいと思っていたので、テクノロジーコンサルタントが向いているっていうのは正直むちゃうれしかったっす

この本が背中を押してくれたような気がしました。

明日からもガンバろっと

「ほめる」技術

コーチングのプロが教える 「ほめる」技術

「ほめる」技術「ほめる」技術
(2002/06/24)
鈴木 義幸

商品詳細を見る


どうも。日々研究に勤しむゆぴです。

だんだん寒くなってきましたね。体には気をつけないと・・・


今日、目に付いた本は、「ほめる」技術!
最近人をほめたり、ほめられたりしてないなあ~

まず目次・・


一章 人を動かすアクノリッジメント
二章 認めること、ほめること
三章 たった一言で気持ちは伝わる
四章 人によって接し方はさまざま
五章 相手にあったコミュニケーション
六章 アクノリッジメントで何がかわったのか




概要

太古の昔から人間は社会的な動物であり、敵から身を守るため、食料を得るためには他の人間と協力することが必要だった。

すなわち、人から認められない、協力できないということは死を表したのだ。

その名残があってか、現在でも人から認められないと、精神的に人は苦しくなってしまう。

この本では、認める(アクノリッジメント)ということの中の要素である、「ほめる」という行為をどのような状況で、どんな人間に、どんな風に行えばいいかということを事細かに書いてある。

人間関係をうまくさせたい、充実させたい、という人にオススメの一冊。




この本を読んでみて、日常生活で特に身近な人に忘れがちなほめることの大切さに改めて気付きました(*^_^*)


人間には4つのタイプがあるそうな。

コントローラー型、プロモーター型、サポーター型、アナライザー型。

まあ要するに、支配したがりのひと、自由奔放なひと、いい人、理系の分析すきそうなひとって感じかな笑


※ちなみにゆぴはサポーター型でした。

それぞれ気質が全然違うのでほめ方も変えないと、相手を不愉快な気分にさせることもあるということでした。(そらそうだ)


こうやって本に書いてあると、普段自分が全然相手に気を使ってほめたりしていないってコト、実感しました。(反省)

みんな考えていることが違っている。

でも、認められたり、ほめられたりするのって嬉しい。これって人間みんなそうですよね!

普段あんまり人にしないけど、やっぱり人を認めたり、ほめたりするっていうこと、大切だなと感じました。


よし、明日も研究頑張るぞっと!ヽ(^。^)ノ






突破力


「突破力」

田原総一朗責任編集 2時間で人生が変わる! 嫌われることを恐れない突破力! 世間という牢獄から脱出する方法 (2時間で人生が変わる!)田原総一朗責任編集 2時間で人生が変わる! 嫌われることを恐れない突破力! 世間という牢獄から脱出する方法 (2時間で人生が変わる!)
(2010/10/08)
勝間和代、堀江貴文 他

商品詳細を見る


どうも。ゆぴです=^^

今日は朝からなにもやる気が起きない日だったので、自分を奮い立たせようと思ったので、こんな本を読んでみました。


「突破力」
 目次
第1章.生きにくかった子供時代
第2章.勝間和代の生き方
第3章.堀江貴文の生き方
第4章.これが絶対、成功をつかむ極意だ!
第5章.だから私たちは嫌われる
第6章.こうすれば、もっと稼げる
第7章.「夢」を持てば、突破できる!



概要
ひたすら世論への迎合を続けてきた日本には今、変革というものをできる人間が少ない。

そんな中で、世間に嫌われることを恐れずに、革新的なアイデアのある堀江貴文や勝間和代が成功したのはなぜか?

それは世間や社会から抜け出す力、「突破力」を持っていたからではないだろうか。

それぞれの「突破力」と呼ばれる力はどのように身に付いたのか、またこれからの現代をどのように生きるべきかということを語られている。






この本を読んだ印象としては対談形式の文章となっているので読みやすくわかりやすい。←(この点は本を読む際に僕は割と重要視しています。)

田原総一郎を進行役として、堀江貴文と勝間和代がそれぞれの今までの生き方や日本の現在について、対談形式で行っているのだが、田原総一郎はあまりしゃしゃり出ることもなく、2人の意見を尊重している雰囲気がある。

うん、なかなかいい。それに的確なコメントもしている。

この本のまとめとしては、ロジカル思考が成功を導くということだ。そのロジカル思考にたどり着くまでにはどのようなプロセスだったかというのを2人は語っている。


閉塞感のある現代に新しい風を送ってくれるような本でした。



よし、鍋の準備しよっと(^^)
ではでは
プロフィール

lickey

Author:lickey
大阪府立大学の理系の学生、ゆぴです(^^)

趣味は温泉・読書なので「老人かっ」と突っ込まれる今日この頃。
※老人ではありません。

ただこよなく温泉と読書が好きなのです。

趣味が同じだったり、府大の学生がいたらブロ友になってください。(@@)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR